こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(あ行) > あせも

あせも

汗っかきの子供達には、つら〜い季節になりました。
あの、痒い ”あせも” の季節です。

症状

 ひたい、頭、首の周り、わきの下など、汗が溜まりやすい
 ところ
にプツプツができる。
 はじめは白いプツプツでかゆみも無いが、やがて炎症を
 起こしてピンク色になり、チクチクした痒みを伴いだす。

原因

 沢山の汗をかいた時、汗腺(汗の出口)がつまって起こる。
 汗が外に出られず、皮膚が赤くふくれ上がってしまうのだ。

対処法

 とにかく皮膚を清潔にしよう
 赤ちゃんや子供は新陳代謝が活発なので、たいして暑く
 無いのに汗をかいたりする。
 そのままにしておくと、あせもになってしまうので、
 シャワーなどで汗を洗い流すとよい。
 暑い日は部屋を涼しくするのも良い。

夏が来れば、あせもが出来るのは仕方が無いが、その
あせもから、”とびひ”などの皮膚病になってしまわないように
出来るだけ、軽く済ませたいものだ。

そこで、我が家であせもを出さない為に気をつけている事、工夫している
事を紹介しよう。

・汗は気温が高い時だけではなく、高湿度の時も増える。
 なので、露の時期はエアコンの除湿をかけている。
 また、お昼寝の時は部屋を涼しく調整している。
 下に敷く物も、”ござ”などを利用すると尚良い。
*やはり、古くからある物とゆうのは、良く出来ているのだ*

・あせもになるのが嫌で、汗を掻かせないのも不健康
 なので、夏場は午前中外遊びで汗を掻き、帰宅後に
 シャワーで汗を流す。

・気温が高いと、つい裸にしてしまいがちだが、余計に
 あせもになりやすいので、吸湿性の良い綿100%の
 物を着せる。
 赤ちゃんや、乳幼児の場合は、首などのお肉の重なり
 が危険なので、ガーゼを挟んだり、首に巻いたりする。
*ベビーパウダーは汗腺を塞いでしまうので避ける*

・以上を気をつけていても、汗は掻いてしまう・・・
 そんな時に掻き壊さないように、爪はこまめに切っておく。
*掻き壊した傷から、細菌感染して厄介な事になる場合が
 あるので注意しよう*

汗は、体内の余分な物を排出する手段なので、汗を掻く事
は大切な事。
発汗を防ぐのではなく、掻いた後の皮膚を清潔に保つ事が
大事なのだ・・・

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/a/post_24.html" target="_blank">あせも</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.