こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(あ行) > アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー疾患の一部の事だ。
アレルギーとは簡単に言うと
「過剰な免疫応答が生じて体に障害を与える現象」
のことを指す。

アトピー性皮膚炎は、アレギーの原因などに
反応した結果、皮膚に炎症を生じ、それがかゆみと感じ、
掻き壊しにより炎症がさらに広がり悪循環を起こす疾患。


症状

強いかゆみの湿疹が頭、顔、首、ひじの内側、ひざの裏側など、
皮膚のやわらかい部分にできる。
年齢によって、湿疹のできる場所が変わる場合がある。
赤ちゃんは頭や顔にジクジクと水をもって、かさぶたのようになる
ことがある。
1歳をすぎると手首、足首から、ひじの内側、ひざの裏側へ。
湿疹は乾いてカサつき、かゆみはますます強くなっていく。
耳たぶの付け根が赤く切れる「耳切れ」も、特徴的な症状の一つ。

原因

アトピー性皮膚炎が発症する原因は個々人で異なる。
アトピー性皮膚炎とは、「アレルギー体質」を持つ人に
見られる疾患なので、「アレルギー体質」と言われるものが
共通原因だとゆう見方もある。
しかし、「アレルギー体質」そのものは強弱の差はあれ、
全ての人間が持つ体質なのだ。

アトピー性皮膚炎はダニ、花粉、ほこり、また食物では
卵、牛乳、大豆などがアレルゲン(アレルギーの原因)ではないか
と言われている。
湿疹の原因を血液検査などで医師に調べてもらい、
疑わしいアレルゲンが分かれば、食事や生活面での
医師の指示に従う。

医師は症状によって、保湿剤やステロイド剤(副腎皮質ホルモン)
の軟膏や、抗アレルギー剤を処方する。
ステロイド剤に強い不安を抱く人もいるが、使い方を間違えると、
かえって悪化させることもあるので慎重に・・・。
薬は医師の指示を守って使おう。

日常生活での注意は、湿疹を掻き壊さない事が大事。
その為にも、子供の爪は、いつも短く切っておく。
肌にふれる下着類は、吸湿性の高い木綿製品を選び、
赤ちゃんの場合は、抱っこする親の衣類にも気を配る

ジクジクした湿疹には、無香料で殺菌力の強い石けんを。
乾燥した湿疹は、皮脂を取りすぎない弱い石けんを使う。
アトピー性皮膚炎は、皮膚を清潔にしておくことが、大前提の疾患なのだ。

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/a/post_68.html" target="_blank">アトピー性皮膚炎</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.