こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気コラム > 割引・優待に弱いのよね〜

割引・優待に弱いのよね〜

先日、私の住む埼玉県便りに目を通していたら
「子育て家族の味方!パパ・ママ応援ショップがスタート」
のページが目に留まった。

割引!? 優待!?この主婦心をくすぐるワード・・・
食い入るようにチェックしてみた。
概要はこうだ・・・

仕組み
対象家庭に配布される
「パパ・ママ応援ショップ優待カード」
を県内の協賛店舗で提示すると、商品割引などの
サービスが受けられる。

対象
中学3年生までの子供または、妊娠中の人がいる家庭

配布方法
各市町村で配布(方法・時期などは異なります)
*詳しくは各市町村の子育て支援担当課に問い合わせてみて*

私の住む町は5月からサービス開始だったので、早速市役所へGO!

子育て支援課のおじさんに聞いてみた。

「県便りに乗っていた、パパ・ママ応援ショップ優待カードのお話を
聞かせて頂けますか?」

「あ〜はいはい・・・」

「え〜とね〜・・・子供いるの?」

「はい(い・いや居るからここに来たんだが・・・)」

「じゃーね、学校から貰ってくるからそれまで待っててね」

え!?それだけ?・・・もう少しお話を・・・

席を立とうとした時、近くにいた女性の職員が、チラシと優待カード
を手渡してくれた。

「末の子供さんが満15歳になって、最初の3月31日まで
使えますからね。」

四女(1歳)をチラッとみて、
「まだまだ、一杯使えるね〜協賛店も増えると思いますよ(笑)」

「県内の協賛店は沢山あるので、ホームページを
見て頂けますか?」

「ありがとう、ございます」

去り際におじさんが一言
「何枚も持ってても仕方ないんだよ〜」

それは何かい!?わざわざ取に来るんじゃねー・・・
とでも言いたいのかい!?えぇ!?

と思ったが、にこやかに
「そーですね〜」
私の顔に青筋が立っていないか心配だった・・・

気を取り直して、帰宅後に埼玉県のHPをチェックしてみた。

サービス開始が5月〜10月と各市町村で差があるが、
協賛店は、色々な業種のお店が載っていた。

銀行から個人経営店と幅広い。

例1
 �埼玉りそな銀行・埼玉県内各支店での
 『埼玉県パパ・ママ・応援住宅ローン(仮称)』
 優待カードをご提示いただいた方に、住宅ローンの金利を当社所定
 の金利から1.0%優遇します。

例2
 行田市消防本部・消防署
 �小学生夏休み1日消防士体験。
 夏休み期間中の一日間、消防署の業務体験。
 �施設見学の受け入れ無料。
 消防署の施設見学について、子供会等親子連れや高学年児童のみの団体を受け入れ。

 �普通救命講習及び応急手当法の実施。
 心肺蘇生法や大出血時の応急手当法について3時間の講習を実施(無料)。
 小学生の児童は同室で講習の見学

例3
ヘアーサロン ○○○○
 優待カードを提示された方は300円割引いたします。
 小学生以下にはお菓子プレゼント

などなど、である。
参加決定でシービス内容を検討中の企業もいくつか載っていた。

サービスの内容も、お徳度もまちまちだが、これからを期待しよう。
*大手大型スーパーの名前や、子供用品のお店の名前が無いの
が残念だった*

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/colum/post_26.html" target="_blank">割引・優待に弱いのよね〜</a>

埼玉在住の方は、チェックしてみては如何だろうか・・・

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.