こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(は行) > 副鼻腔炎

副鼻腔炎

副鼻腔炎には、急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎がある。
急性副鼻腔炎を放置すると、慢性副鼻腔炎に進行する。
慢性副鼻腔炎は”蓄膿症”とも言われている。

症状
常に黄色い濃い鼻水が出る。鼻での呼吸が困難になり、
鼻水が喉に回って痰や咳がでる。
顔面の痛みや頬の腫れを訴える場合もある。

原因

細菌感染やアレルギーが原因で鼻の奥の粘膜が
炎症を起こす。

治療・対処法

抗ヒスタミン薬、抗炎症薬、抗菌薬
などを使って炎症を抑える治療が基本。
病院へ通院して鼻水を吸い取ってもらうことも大切だ。

副鼻腔炎は、小児科では風邪と診断され、薬が処方される
だけの事が多い。
もし、風邪の症状が長引き、鼻の状態が酷い時には、やはり
耳鼻科を受診するべきだと思う。
子供だから、小児科・・・ではなく、その症状によって、専門医
の診断を受けるべきだと思う。
うちの子も、副鼻腔炎を起こし、3ヶ月以上耳鼻科に通い続けた。
中耳炎を併発する事も多いので、症状が酷い時は、1日2回、
鼻水の吸引をしてもらいに通っていた。
本人も、辛いのだが、連れて行く親も大変苦労する病気である。
再発を繰り返す、厄介な病気でもあるので、大変だが、薬の服用
と鼻水の吸引は途中でやめないようにしよう。
私も余りの長期通院で、鼻水の吸引する機会を購入しようかと
本気で思ったものだ。(4人もいるので、元は取れるはず!)
しかし、年齢が大きくなるにつれ、副鼻腔炎を起こす事も少なく
なってくる事も多いので、あまり悲観せずに、上手に付き合って
いくしかない病気なのかもしれない。

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/ha/post_78.html" target="_blank">副鼻腔炎</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.