こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(か行) > 気管支炎・肺炎

気管支炎・肺炎

小さな子は、ちょっとした風邪でも、あっと言う間に
気管支や肺に炎症が広がってしまうものだ。
うちの子も4人の内3人の子が肺炎で入院をした事がある。

症状
 
 始まりはごく普通の風邪の症状だが、
 が高くなり、ゴロゴロゼロゼロとした湿った咳き
 が続く時は気管支炎を起こしている症状
 さらに炎症が進んで肺そのものに迄広がって
 しまうと肺炎となる

原因

 一口に肺炎・気管支炎と言っても、原因になるのは
 ウイルス、細菌など様々。
 多くは風邪をこじらせて気管支炎や肺炎になってしまう
 が、はしかや水疱瘡を患った後に肺炎を起こす場合
 もあるので、注意が必要。

気管支炎と肺炎の違いは症状からは判断しにくいので、
レントゲン、血液検査でみる。
肺炎の場合は、4日以上高い熱が続き、痰がからんだような
咳きをし、食欲がなく、ぐったりしているようなら
細菌性肺炎の可能性がある。
かぜや気管支炎が長引いて、細菌に感染したときに起こる。
急に症状が重くなり、呼吸困難に陥ることも…。
かぜが長引いたら、念のため、再度受診しておく事をお勧めする。

うちの子も始めは風邪の症状だったが、急にゼーゼーと
苦しそうになり、夜間の救急病院へ行き、レントゲン&血液検査
で即入院といったパターンだった。

咳が出ているときの哺乳は気をつけた方がいい。
なぜなら、哺乳後は咳き込みやすくなり、戻したミルクが
気管に入り、炎症を起こす事があるからだ。

哺乳時は、少しの量を複数回飲ませ、飲み終わったら
暫くは寝かせずに抱っこしておく事が大事だ。

今でも、肺炎で亡くなる子が残念ながら少なくない。

風邪は万病の元・・・気をつけたいものだ。

 

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/ka/post_30.html" target="_blank">気管支炎・肺炎</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.