こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(か行) > カンジダ皮膚炎

カンジダ皮膚炎

カンジダ皮膚炎とは?

カンジダ皮膚炎はオムツをしている乳幼児が
オムツかぶれからカンジダに感染することがある。
カンジダ菌はカビの一種で、健康な人の消化管に
常在していて糞便中に排出される。

症状

おしりやわきの下、股になど、蒸れやすい場所にできる炎症である。
おむつかぶれとよく似ているが、よく見ると赤い炎症の周りに、
膿(うみ)をもった赤い小さなブツブツができる。
おむつがの外の、太もものシワの中にもできるのが特徴である。

原因

カンジダ アルビカンスという真菌(カビ)が、皮膚の弱った
所に感染し炎症を起こす。
オムツをしていると、オムツの中がよく蒸れる。
その蒸れが皮膚を外部の刺激から守っている角質を破壊してしまう。
そこからカンジダ菌が進入し炎症を起こすのだ。

対処法

オムツかぶれと同じで、患部を清潔に保つ事が大事である。
ただし、オムツかぶれの薬はカンジダ皮膚炎を悪化させるので
注意が必要。(ステロイドは×)
真菌(カビ)用の抗真菌剤の軟膏を塗る。

アトピー性皮膚炎でステロイド剤を使っている場合には、
特に注意が必要である。
オムツ替えのときに、石けんでおしりを洗い、タオルで優しく
たたくようにしてよく乾かしてから、オムツをしよう。
オムツや下着をこまめに替えてあげるのもよい。

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/ka/post_47.html" target="_blank">カンジダ皮膚炎</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.