こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(か行) > 結核

結核

結核は、子供特有の病気ではなく、どの年代の人
にも感染する病気だ。
だが、新生児が感染すると、多臓器に症状がでる。

症状

咳、痰、胸の痛み、発熱などの症状が2週間以上続く。
乳幼児の場合は、呼吸障害、発熱、肝臓腫大、皮疹、
発育障害などの症状が見られる。
0〜1才児が感染した場合、重症化してしまうことが
多く、小さな子供の場合は、進行が早いのだ。
肺の結核が広がり、結核菌が血管の中に入り込み、
大量の菌が全身に撒き散らされると、粟粒結核(全身性の結核)
や結核性髄膜炎(脳膜炎)になることがある。

原因

結核菌に感染することで、肺に炎症が起き、進行すると、
リンパや他臓器にもまわって重症化する。

治療

全身状態の管理を行うとともに、抗結核剤を投与する。

対処・予防

乳幼児や子供の結核感染の多くは、家族のどの近親者から
の感染が殆どだ。つまり、子供を守るにはまず、お父さん、
お母さんが正しい知識を持ち、日頃から自分と家族の健康管理を
行うことが、一番の予防になるのだ。

家族の中で咳、痰、胸の痛み、発熱などの症状が2週間以上続いている
人がいたら、風邪と軽視せず、医療機関または保健所に相談してほしい。
また、結核には予防接種が有効で、生後3ヶ月を過ぎたら、速やかに
BCGの接種を済ませることをお勧めしたい。
結核は、昔の病気ではなく、今も感染者が増え続けている
怖い病気なのだから・・・

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/ka/post_66.html" target="_blank">結核</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.