こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(ま行) > 虫刺され

虫刺され

これからの季節は、天気も良いので外遊びが多くなる。
そんな季節厄介なのが、虫刺されである。

症状

 刺された部分は赤く腫れ、酷いかゆみに襲われる
 掻き壊すと とびひ などの二次感染を起こす事がある。
 稀にアレルギー反応を起こす事もあるので、甘く見ては
 いけない。

原因

 蚊やブヨ、ダニにハチ、毛虫や毒蛾のりん粉など
 トラブルの原因は多種多彩。

対処法

 蚊、ブヨ、ダニ  → 石鹸で患部を良く洗い、
            かゆみ止めを塗る。
            (冷やすと痛みや痒みが減る)
 
 アブ、アリ    → ステロイド軟膏をぬると効果的
          
 ハチ       → ハチの針をピンセットなどで取除き、
            傷口に口をつけて吸い取ったり、
            指でつまんだりして毒液を出す。
            石けんでよく洗ってから、ステロイド軟膏
            をぬる。

毛虫、毒蛾    → 流水で毒毛を洗い流してから、
            ステロイド軟膏をつける。

虫刺されと言っても、アレルギー反応が強くでて 
アナフィラキシーショックを起こし、命を落とす場合がある。

そういった理由から、虫に刺された後に発熱、嘔吐、
呼吸困難や、意識の薄れ、ショック症状が見られたり、
赤いブツブツや腫れが大きく広がってしまったら、
すぐに病院へ連れていく。

こうしたトラブルを避けるには、やはり虫に刺されない
環境を作ってやる事が大事だと思う。

換気はきちんと網戸を閉めて行い、洗濯物を取り込むときも
虫がついていないかチェックする。
幼児の場合、草むらなどの虫の多いところに行くときは、
長そで・長ズボンを着せるのも予防法のひとつ。

虫除けスプレーは最近体に悪影響を及ぼす成分が、
含まれていることが話題になった。

私自身子供には虫除けは使っていない。

着せる物などでも充分防げるし、工夫しだいで
虫除けスプレーを使わずに済むので、対策を一度
見直してはいかがだろうか・・・

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/ma/post_32.html" target="_blank">虫刺され</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.