こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(な行) > 熱性けいれん

熱性けいれん

熱の上がり始めに起こす痙攣の事である
生後6ヵ月から6歳くらいの子に多くみられる

症状
 小児の脳は未発達の為、高熱が引き金になり、
 急に目をつり上げたり、白目をむいて手足をつっぱったり
 全身をそり返らせてガクガクさせたりといった状態になる

対処法
 
 基本的に熱性けいれんの場合は、治療はしませんが、
 その後のけいれん予防の為に、発熱時に痙攣防止用の
 座薬(ダイアップ等)を入れる事がある

うちの子の場合
熱性けいれんは次女が起こしたことがある
ちょうど1歳になったころ、麻疹の予防接種を受けた。
その3日後発熱し、予防接種による副反応かと思い受診
しかし、予防接種とは無関係と診断され、帰宅

処方された抗生剤と鼻咳きの薬を飲むが、一向に熱が
引かず、再度受診した

特に重篤な症状は無いと診断され、帰らされた・・・

帰る間際、医師が
「脱水だけは気をつけてね」
と言っていた・・・

水分てどれ位飲ませれば良いのか解らず、あまりしつこくは
与えていなかった・・・

帰宅して暫くすると、眠っていたはずの次女が大声で泣き出した

抱き上げると、さっきよりも熱く感じ、氷で冷やそうかと立ち上がった
瞬間・・・

体を硬直させ、白目を剥いて、痙攣を起こし始めた。
顔をみると、赤いとゆうか、どす黒い土気色の顔になっていた・・・

慌てた私は、彼女の名を呼び、意識を確認しようとした・・・

幸いにも、痙攣はすぐに治まったが、目の前で我が子が、
白目をむいて、ひきつけているのを見たら、正直パニック状態
である

すぐに病院で診察してもらい、座薬を入れてもらい、熱性痙攣
についての説明を受けた

左右対称のけいれんで、5分以内で治まり、その後いつもと
変わらない状態になれば、まず「熱性けいれん」と思って間違い
無い事。
熱性けいれんは、心配のないものがほとんどである事など等

気をつけないといけないのは、髄膜炎脳炎てんかん等で
けいれんしている場合は入院して検査しなければいけない。

けいれんの場合してはいけない事がいくつかある
・ 大声で呼びかけたり、体をゆすったりする
(脳に刺激を与えるような事は禁物)
・割りばしやタオルを口につめる
(かえって窒息などの危険がある)

静かに横たえ、手足の様子をよく観察するように・・・
あわててゆすったりすると、けいれん後の睡眠がとれず、
もう一度発作が起きたりするので注意。

と教えていただいた。

が既に私は、”いけない”と言われた事をかなりしていた・・・

痙攣している娘の名を大声で呼び、 部屋を明るくし、
抱っこしながらオロオロしてしまった・・・

言い訳する訳では無いが、自分の子が、白目をむいて
ひきつけているのに、落ち着いて観察など中々出来る
ものではない。
まして、ひきつけの時間を計る余裕などあるわけが無い

でも・・・もしあの時私が「熱性けいれん」の知識を少しでも
持っていたら、少しは冷静に対処出来たのではないかと
思う

病気に神経質になる必要はないが、情報を持っているだけで
対処の仕方に差が出るのだと実感した・・・

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/na/post_15.html" target="_blank">熱性けいれん</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.