こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(な行) > 乳糖不耐性下痢症

乳糖不耐性下痢症

ミルク母乳を飲むと、吐いたり、下痢したりする・・・
ミルクしか飲めない赤ちゃんはどうすんの・・・?
と心配になる病気。

症状

 粉ミルク、牛乳など乳糖を含む飲食物をとると、
 下痢(すっぱい匂いの便)をしたり、吐いたりする

原因

 乳糖を胃腸で分解する為に必要な、ラクターゼ
 という消化酵素が胃腸炎などのために少なくなって
 いたり、生まれつき欠乏しているときに起こる。

対処法

 乳糖が含まれる飲み物を辞め、 乳糖を含まない治療用の
 ミルク(無乳糖乳)を与えたり、ミルクを薄くして与えたりする。
 下痢のときの対処法と同じ、水分管理とオムツかぶれに
 注意が必要。

うちの子の場合始めは胃腸炎から始まった。

発熱、激しい下痢(水便)で小児科を受診。
風邪の症状が見られないことから、感染性胃腸炎と診断され
下痢止めと抗生物質(細菌性の場合を考え念のため)を飲む
様指示される。

しかし、翌日から便に粘血便が混じるようになり、再び受診
細菌性の可能性が濃くなり、便培養を行うことに・・・
その後1週間は相変わらずの下痢だったが、機嫌も良く
食欲も良好だった。

ところが検査結果が出る頃、再び粘血便が出始め小児科へ。
検査の結果は便から細菌は検出されず、もう一度培養検査
することになった。

だが、またもや結果は”細菌は認められず
首をかしげる先生が、
「大学病院を紹介しますので、そちらで見て貰って下さい」
と一言。

やはり、血便が気になるようだ。
確かに血便がでる事はめったに無く、重篤な病気のサイン
でもあることからの紹介だとは思うが・・・
本人はすこぶる元気そうで、重大な疾患を抱えている
とは、とても思えなかった。

言われたとおり大学病院へ行き、いきさつを説明すると
血液検査、尿検査(便培養は二度行っているのでパス)
と調べていった。

どちらも、これと言って悪いところも見つからない事から
乳糖不耐性下痢症と診断が下された。

整腸剤にくわえて、ガラクターゼという乳糖不耐症の子に
処方される薬がでた。
この薬はミルクを飲む前に飲まなければならず、夜の授乳
を沿い乳で楽していた私にとっては、面倒なものだった。

そのことを相談すると、
「では治療用のミルクを与えてみますか?」
「たしか試供品があったと・・・・あっ、あったこれを飲んでみて」
「薬局でも売っていると思うよ」
そういって渡されたのが、
明治乳業から発売されている”ラクトレス
であった。

早速、薬局に探しに行くと、ミルク売り場に控えめに置いてあった。
350mlの缶が・・・・・1280円!?
た、高い!
仕方なく購入したが、一回の飲料が200mlの我が子では3日と
持たない事が分かった。(今までは母乳だったので、ミルクを
どの位飲むのかよく分からなかったのだ)

計算すると・・・だ、ダメだ、頭が痛くなってきた・・・
これは、医療費控除で申請できるのだろうか?などと考えながら
の生活が始まった輦

結局1ヶ月ほどこの、乳糖除去ミルクのお世話になり、下痢は
止まりやっと母乳を飲んでも大丈夫になった。

本当に子供が病気になると、家計を圧迫するので大変だとゆう
事が身につまされた体験だった・・・・。

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/na/post_35.html" target="_blank">乳糖不耐性下痢症</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.