こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(な行) > 熱中症

熱中症

熱中症とは?

高温・多湿の環境の中で水分の補給をせずに、長時間活動を続けると
体温の上昇と脱水・循環不全を起こす事を熱中症と言う。
最近では、車の中に子供を乗せたままにして、熱中症を起こし死亡する
事故も増えている。
小さな子供は、気温がそれほど高くなくても熱中症から脱水症状を起こす
ことが多いので注意が必要。

症状

【軽度】 こむら返り、立ちくらみ(子供の場合は、顔が真っ赤になり大量の汗)等
【中度】 強い疲労感、めまい、頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、体温の上昇等
【重度】 38℃以上の高熱、意識喪失、ふらつき、うわごと、けいれん等

脱水症状を起こすと、体内にこもった熱が、汗が出ないことで放熱できず
脳神経や肝臓・腎臓、血液機能などに障害がおき、重症の場合は死亡する
事もある危険な病気である。

応急処置法

軽度の場合は、屋外なら日陰などの涼しい所に避難し、
水分を補給させる。
熱中症の時の水分補給は、水やお茶ではなく、スポーツ飲料が良い。
(水分と一緒に、塩分・糖分も補給できる為)

中度の場合は、軽度の対処に加え、衣服を取り、身体を冷却する。
わきの下や足の付け根を氷のうで冷やし、身体にも水を霧状にかけ、風を送る。
念のため、医療機関を受診する。

重度の場合は、直ぐに医療機関への搬送が好ましい。
重度の熱中症の場合は軽・中度の対処に加え、内蔵への障害が出てくるため
点滴による大量の輸液治療などが必要となる。


熱中症は、気温の高い夏に起こると思いがちだが、
5・6月頃にも意外と多いのだ。
子供の場合は、特に直ぐ悪化してしまう為、初期のうちに迅速に対応しないといけない。

また、水分を良く取らせたり、炎天下では帽子を被り、
こまめに休息をとるなどの配慮が必要だと思う。

大人が思っている以上に子供は体力を消耗する物なので、子供に合わせた
行動を取りたいものだ。

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/na/post_49.html" target="_blank">熱中症</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.