こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(な行) > 難聴

難聴

難聴とは?

耳の聞こえが悪い病気で、症状の程度や原因は様々。
伝音難聴は、外耳から中耳までの音を伝える道筋の
 どこかに障害がある難聴で、手術を要する。
感音難聴は、音を感じる蝸牛から脳までの間に何らかの
 問題があるもので、急性のもの以外は根本的な治療法はない。
先天性難聴はこのタイプが多い。両方の耳が高度の感音難聴
の場合は、放置すると言葉を覚える時期の子は、言葉(発音)が
身につけられないことが。
早期に発見して、治療や訓練を始めることで、言葉の発達を促す。

症状
大きな音や声に反応しない、言葉が出ないなど、日常生活の様子で
親がおかしいと思うことが多い。
言葉の発達は個人差があるが、1歳半を過ぎても言葉がまったく出ない
場合は難聴を疑う。
音に対する反応があって、耳の聞こえは悪くないのに、話しかけに
無関心な場合は、自閉症や知的障害(精神障害)が原因のこともある。
難聴が中等度から軽度の場合や、また片方にだけ難聴がある場合は、
気づくのが、遅くなる事が多い。

原因

先天性難聴の赤ちゃんは、1000人に一人の割合で生まれ、
そのうちの半数は遺伝性といわれている。
耳の形態異常があるときは、聴力の検査をすること。
先天性風疹症候群など、胎児のウイルス感染も原因のひとつ。
後天性難聴の多くは、中耳炎やおたふく風邪、髄膜炎などの
後遺症が原因になっている場合もある。

対処・治療法
中耳の奇形などの場合は手術、補聴器をつけての聴覚訓練を行う。
片側だけの難聴の場合は、もう一方が普通に聞こえるのであれば、
日常生活に支障がないので、治療や訓練する必要はない。

耳に関する重要な疾患については、特に注意する必要があるが、
「きこえ」に関しては、親が神経質に接すると子供が不安になって
しまうので、普通に接することが必要である。

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/na/post_81.html" target="_blank">難聴</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.