こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(さ行) > 鼠頚(そけい)ヘルニア

鼠頚(そけい)ヘルニア

鼠頚ヘルニア・・・あまり言いたくないが脱腸である。
私が生後1ヶ月の頃、発症手術した病気である。
勿論その時の事は覚えている訳ではない(笑)
なので、私の母の記憶を頼り書いて行こうと思う。

症状

 腹膜から内蔵(腸や卵巣・卵管など)が突出
 してしまう病気
 鼠頚部(足の付け根・股の上)が腫れて、指で
 押し込むと、引っ込む。
 緊急性は無いが、外科的処置が必要。

 ただし、ごくまれに飛び出した腸が締めつけられ、
 腸閉塞を起こし腸が壊死してしまうことがある。
 これが「嵌頓(かんとん)ヘルニア」と言い、
 命に関わるので緊急手術が必要である。

原因

 乳幼児の場合先天性の疾患が殆ど。

私の場合、生後1ヶ月が経つ頃、鼠頚部に腫れがみられ
ミルクを殆ど吐き、泣き止まない事から小児科を受診
嵌頓を起こしている事が分かり緊急手術となった。

調べてみたら、私は腸が突出したのではなく、卵巣が
突出、壊死していたようだった。
手術で、壊死した方の卵巣を摘出した。
母の話では、後数時間遅かったら危なかったそうだ。

何がなんだか分からない内にわが子が緊急手術をうける・・・
母も冷静に事を見守る事は困難だったようだ。

その証拠に、私が何の病気で手術を受けたのか、今でも
あまり分かって居ないらしい・・・

未だに「何で脱腸の手術で卵巣をとったのかしら?」と
私に聞いてくるくらいだ(汗;

手術が終わりその後の入院生活は針のむしろだったと
母がよく言っていた。
夜泣きする私に「うるさい!」と怒鳴る患者
今想像しても、辛かったろうと思う。

しかし、母が辛かったのは、女の子なのに卵巣を失って
しまうなんて・・・1つは残っているとはいえ、妊娠できるのか?
など、色々悩んだそうである。

祖母にも1歳になるまでに患った臓器は一生患うから気をつけなさい
と言われて育った。

その言葉を裏付けるかのように、27歳の時、残りの卵巣も卵巣膿腫
になってしまった。
本来なら全摘出なのだが、既に片方取ってしまっているので、
医師に少しでも残して欲しいとお願いし、医師も開腹してみて
残せるようならば・・・と条件付で承諾してくれた。
状況によっては、諦めて下さいと言われたが、卵巣が無いと今後
妊娠も出来ないし、ホルモンバランスが崩れ、更年期障害が
起きると聞いていたので、それだけは避けたかった。

幸いにも膿腫の部分だけの摘出で済んだので、その後第3子、4子
と授かることが出来た。
産婦人科の看護士たちは「奇跡の仔」と読んで応援してくれた(笑)

もし、私と同じ病気の子を持ったママが子供の将来で悩んでいるなら
どうか、肩の力を抜いて欲しい。
私はたまたま運が良かっただけかもしれないが、もしかしたら、あなたの
お子さんも私のように4人の子の母になるかもしれないのだ・・・

そう、子供の将来なんてどうなるか分からないのだから・・・
病気を悲観して悩むよりも、我が子の無限の未来を見つめて行って
欲しいと思う。

母の笑顔で子供は救われるのだから・・・

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/sa/post_23.html" target="_blank">鼠頚(そけい)ヘルニア</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.