こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(さ行) > 髄膜炎

髄膜炎

生後二ヶ月の我が子に突きつけられた病名
「髄膜炎」
病名を聞いて脳裏に浮かんだのは

「死」「後遺症」 だった。

症状
 頭痛、高熱、吐き気の3つが特徴
 また意識障害や異常行動、ひきつけなどを起こす
 ときもある。

原因  ウイルスが原因になっているものが「ウイルス性髄膜炎」
 細菌が原因になっているものが「細菌性髄膜炎」である。

 ウイルス性のものは症状も軽くほとんど治るが、
 細菌性のものは知的な発達が遅れるなど、重篤な障害が
 残ることもある。

細菌性髄膜炎は、高熱が出てから3日以内に治療を始めないと
命にかかわることもあるので注意。

*小さい子供ほど発見が難しい
月齢が低いほど、症状が見つけにくいもの。
おむつ替えで足を持ち上げたり、頭を持ち上げたりすると
ひどくいやがるときなどには、要注意。
トロトロ眠りがちになる、首の後ろがつっぱるなどの症状が
ある場合も、早めの受診が必要。

私の場合、発見できたのはラッキーだった。

搬送先の医師は、
「私達医師は数分しか患者を診られないが、24時間365日 患者の
傍にいるお母さんが、いつもと何か変だと感じた場合、
そちらの判断の方が正しい事がある」

そして、優しく
「お母さん良く気が付きましたね。私達も見逃す程のサインでした」
と褒めてくれた。

私を励ます為のリップサービスだとしても 嬉しかった。

その後私は決心した。
医者にはなれないが、医者並みの知識を持った母になろうと。

(対処法や検査法などの話はパート2で書くことにしよう)

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/sa/post_5.html" target="_blank">髄膜炎</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.