こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(さ行) > 先天性股関節脱臼

先天性股関節脱臼


先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)とは?

多くは、3〜4ヶ月検診などで、発見される
ことが多いが、赤ちゃんは間接が、ゆるい
為、股関節が脱臼してしまう事がある。
それが、先天性股関節脱臼である。
先天性と付いているが、殆どが後天性である。

症状

股の開きが悪い、ひざを曲げて股を広げると
ポキッという音がする。左右の足の長さが違うなど
が股関節脱臼のサイン。

原因

赤ちゃんの頃は、足はM字になっている。
それを無理に真っ直ぐにしようとすると、
簡単に脱臼してしまう。
オムツ替えの時にも、両足首を持って
持ち上げたりすると、起こる場合もある。

対処法

股関節脱臼かどうかは、整形外科でレントゲン
を撮って判断する。
はずれている場合は、革バンドを使って肩から足をつるす。
つける期間は、ふつう3〜4か月。ほとんどがこの治療で治る。
バンドでよくならない場合は、入院してけん引する。

股関節脱臼は女の子に多く診られる。
「歩き方がおかしい」「なかなか歩かない」といったことから
見つかる場合もある。放っておくと、関節が変形してしまう事も
あるので、異変を感じたら整形外科を受診しておく方がよいと思う。
赤ちゃん抱き方やオムツの当て方などは、注意してあげよう。

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/sa/post_59.html" target="_blank">先天性股関節脱臼</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.