こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(さ行) > 心房中隔欠損症・心室中隔欠損症

心房中隔欠損症・心室中隔欠損症

【心房中隔欠損症とは?】
先天性の心疾患で、左右の「心房間」の壁に
があいている病気である。
左心房の血液が右心房へ行き、右心室へ流れ込んで
しまう病気だ。

症状

軽い息切れ、疲れなどで、比較的自覚症状が出にくい。
心雑音も聞き取りにくいことが多く、発見が遅れてしまう事も多い。

治療

心房間の穴は、自然に塞がることはまずない。
手術は血流の量や、穴の大きさによって、
医師が判断した時のみ行われる。
経過観察で大丈夫なケースもある。

【心室中隔欠損症とは?】
先天性の心疾患で、左右の「心室間」の壁に
穴があいている病気である。
左心室の血液が右心室に流れ込んでしまい、肺への血液量が
増えてしまう病気だ。
生後すぐに発見されやすい病気で、先天性の心疾患の中でも
最も多い病気なのである。

症状
穴が小さい場合は、軽く痰や咳が出る程度。
ただ穴が大きい場合は、心不全を起こす事も・・・
また、呼吸が速い、ミルクを飲まないなど
の症状が見られ、肺高血圧症を合併することもある。

治療

1cm以下の穴の場合は、3歳ごろまでに
自然に穴が塞がることもある。
しかし、穴の位置や大きさによっては、手術を要する事も・・・
肺高血圧症を起こしてしまったら、2歳までに手術をすることになる。

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/sa/post_64.html" target="_blank">心房中隔欠損症・心室中隔欠損症</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.