こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(た行) > 肘内障(ちゅうないしょう)

肘内障(ちゅうないしょう)


肘内障(ちゅうないしょう)とは?

肘内障とは、聴きなれない病名だが、簡単に言えば
肘が抜けることだ。
子供のとき、肘が抜けた経験がないだろうか?
かなりの数の人が、あるある!と思うのではないだろうか。
私も、かなりの、”肘抜き名人”であった。

症状

腕を引っ張ったりした時、突然泣き出し、痛みを訴える。
腕が上がらず、ぶら〜んとした状態。

原因
腕を引っ張るなどの、外からの力でなる事が多い。
乳幼児期は、じん帯などが未発達な為、簡単に脱臼してし
しまう。

対処法

整形外科を受診し、整復処置をしてもらう事。
肘内障は繰り返すことが多いため、子供の手を引く時には
注意が必要。

先ほども言ったが、私自身が幼稚園入園前から卒園する
頃まで、よ〜く肘が抜ける子供だった。
私には妹が居るのだが、彼女もまた、かなりの”肘抜き名人”
であった。近所の子供たちの間では、最も手をつなぎたくない
姉妹だったことだろう(笑)
手をつないで遊びに行くと、必ず泣きながら腕を押さえて帰って来る
そんな生活が、続いた。
親も、毎回整形外科に通ううち、処置の仕方を覚えてしまい、
肘が抜けると、母が無言で、「ポキっ」と入れてくれたのを覚えている。
まさに、母は強し!!子供の病気は母を名医にしてしまうのだ!
自分に置き換えてもそうだが、子供の病気の数だけ、母は強く
なれるものだと、つくづく感じる。

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/ta/post_60.html" target="_blank">肘内障(ちゅうないしょう)</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.