こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(た行) > ダウン症

ダウン症

ダウン症とは?

ダウン症は、染色体が通常より1本多いことにより、
知的発達の遅れや、心疾患などの合併症を伴う場合もある。
先天性の症候群であるダウン症は、21番目の染色体が
1本多いタイプがほとんどなので、21トリソミーと呼ばれている。
1000人に一人の割合で生まれる。

症状
目と目の間が離れ、鼻が低く、つりあがった目といった特有の
顔立ちが見られる。低身長、筋肉の弛緩、知的障害、
運動能力の発達遅滞もある。内臓の形態異常が出る場合もあり、
免疫力が低いため、感染症や白血病などにかかりやすいことも
ある。

原因

人は対になった22本の常染色体と、2本の性を決定する染色体、
合計46本の染色体を持っている。
その染色体の21番染色体が3本あるために起こる、生まれつきの
病気がダウン症候群なのである。

治療・対処
染色体異常による病気なので、根本的な治療法はない。
また同じダウン症でも、症状や発達度合い違いがあるので、
その子にあわせた教育によって能力を高めることは可能である。
内臓の形態異常に対しては、必要な場合は手術が行われる。
合併症に対しては日ごろから健康状態に気を配り、
早期発見することが望ましい。

ダウン症は、けして遺伝が原因の病気ではない。あくまで突然変異で
起こる、染色体異常なのである。
が、高齢出産などは、ダウン症の子が生まれる確立は、悲しいかな
高くなってしまう事も、分かっている。
知人で、ダウン症ではないが、障害のある子を持つ母が、
「この子より、先には死ねないのよ・・・」と言った言葉が、今も頭から離れない。
ダウン症は、発達に遅れはあるが、少しずつ成長していく子が多い。
人よりチョットだけ、ゆっくり進むタイプなのだ。
子を思う親の気持ちに、健常者も障害者も無い。
親子の愛情に変わりはないのだから。

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/ta/post_75.html" target="_blank">ダウン症</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.