こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~子供の病気(や・ら行) > 幽門狭窄症

幽門狭窄症

幽門狭窄症とは?

正しくは「肥厚性幽門狭窄症」と言う。
胃の出口付近、十二指腸につながる部分を「幽門」というが、
幽門狭窄症とは、この「幽門」が厚くなり、ミルクの通りが
悪くなる病気のことである。

先天性の病気が殆どで、生後2〜3週ころから
授乳の度に噴水のように勢いよく吐く。
吐き気があるわけではないので、吐いた後に
すぐお乳を欲しがる。
最大の特徴は、栄養分がとれず、元気がなくなり、
体重が増えない事。

症状

生後2〜3週間ごろから、少しずつ症状が出てくる。
初期の頃は、1日に1〜2回だった嘔吐が、
4〜7日後には飲むたび噴水のように吐いたり、
一度に大量に吐いたりするようになる。

原因

はっきりとした原因は不明で、日本では1万人に5〜7人が
発症すると言われいる。
家族内に発生することも3%‐18%の頻度でみられ、
遺伝的素因がこの病気の発症に関係している
事も言われている。

治療・対処

飲んだものを噴水のように吐く時は
1カ月健診を待たず、早めに小児科を受診しよう。

赤ちゃんは、良くミルクを吐くものだが、この幽門狭窄症
生理的な嘔吐との違い、体重の減少が著しい。
新生児時期は、体重管理はきちんとしておく事をお勧めしたい。

治療はやはり手術が主になる事が多い。
そう心配する手術でもないようで、予後も比較的早い段階で
ミルクが飲めるようになるし、入院自体も1週間程度で済む。

近年では、薬で治す方法もあるらしいが、入院が長引いたり
と、まだまだ、一長一短な治療法らしい。

こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~:当サイトについて

  • こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイトはリンクフリーです!このページへのリンクは、以下のタグをお使いください
  • <a href="http://xn--u9j615g46h60q87k.net/ya/post_92.html" target="_blank">幽門狭窄症</a>

子供の病気コラム

子供の病気(あ行)

子供の病気(か行)

子供の病気(さ行)

copyright(c) 2007-2014 こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~ All Rights Reserved.